親のお見合いの段取り

親が代理でお見合いする場合、結婚相談所がお子さんのプロフィールから条件に合う方を選び、その方のご両親との場をセッティングし、まずはご本人の前にお互いのご両親が実際に数回会い、親睦を深めます。その上で両家のご両親がお互いのお子さんを気に入った段階でお子さんに紹介する、という手順を取ります。

お見合い確かに「親が代理でお見合いをする」というと大げさに聞こえますが、お子さんの目線から見たら、「親の新しい友人がお子さんを紹介してきた」という感覚になります。

親御さんの代理のお見合いの際は大抵一人の方のみの紹介ではなく、お見合いを通してお子さんに見合うと感じた複数の異性を紹介されます。お子さんは紹介された方を必ず選ぶ必要がある、というわけでもありません。その点が一人の人が一人の異性を紹介することが多い普通のお見合いとは少し違う所になるでしょう。

また、親御さんの方でも「条件が合致した方の親御さんと必ずしも親交を深めなければならない」というわけでもありません。条件に合った方でも、子どもが気に入らないだろうと感じたり、逆にお相手やそのご両親に何か信頼できないものを感じた場合は無理にお話を進めず、断っても全く問題はありません。勿論、それはお相手も同様です。