お見合いの方が合う方

「お見合い結婚」というと、今までの歴史的な背景もあって、家の都合が優先される結婚とか、政略結婚という、どちらかというとマイナスなイメージが優先してしまうところがあります。そのため、現代では恋愛から結婚に至ることが理想とされるところがあります。

結婚相手ところが男女関係なく、恋愛から始まるよりも、結婚相談所やお見合いのような形式から結婚相手を選んだ方が向いている方というのは、現代でも少なからずいらっしゃいます。ご本人がシャイで、異性との関係が結びにくい方の場合や、そもそも恋愛にあまり興味を持てない方が当てはまります。

また、ご自身やご家族に事情があり、その条件を満たしてくれる方と結婚したいという場合も向いています。恋愛から結婚を考えるよりも、条件を満たす異性を紹介される方が、結婚するために使う労力や時間の無駄を抑えられる場合があります。結婚の目的の一つに「子どもを産み、育てる」ことがあります。男性はともかく、女性の場合は身体の構造上、出産できる期間は限られてしまいます。その時間を有効に使うために、結婚相談所やお見合いを活用する女性も多いです

結婚相談所でも現代のお見合いでも、ご自分が合わないと感じたお相手を断る権利があります。勧められた方と無理に結婚する必要はありません。つづいて親のお見合いの段取りについて紹介します。