親のお見合いの長所

結婚相談所による親御さんによる代理のお見合いの長所は、結婚相談所が持つ「身元がしっかりした、条件に合う方を紹介される」という長所に加え、親御さん同士が認めた異性を紹介されることで、お子さんがその異性に対して心理的な抵抗感が少なくなる効果が挙げられます。特に恋愛経験が少なく、異性に対する抵抗感があるお子さんには有効な手段となるでしょう。

結婚結婚後も、元々お子さんより親御さん同士が良好な関係を築いているため、お子さんご夫婦が困っていても双方のご両親が連携して協力できる点や、元々ご自分達が認めた女性をお嫁さんに迎えていることから、嫁姑問題が起こりにくいという点も長所と言えるでしょう

また、恋愛結婚の場合にたまにあるのですが、結婚生活の継続に当たって問題がある異性をお子さんが好きになり、周囲が止めても聞かず、後で苦労をする、という話がありますが、最初に親御さんが代理でお見合いをすることで、人生経験が豊富な親御さんの方で問題がある異性は事前に見抜いて、お子さんに紹介させないというメリットも見逃せません。

親同士が勧めた相手ということは、その分お子さんご夫婦への干渉が多くなる可能性もありますが、その点を弁えられる親御さんなら、親同士が代理でお見合いをするという婚活は意外にメリットが大きいです。適齢期のお子さんに、中々結婚の動きがない方は一度結婚相談所が主催している親同士のお見合いパーティーを試してみてはいかがでしょうか。


参照:結婚相談所の代理お見合い会≪FIORE≫


親のお見合いの段取り

親が代理でお見合いする場合、結婚相談所がお子さんのプロフィールから条件に合う方を選び、その方のご両親との場をセッティングし、まずはご本人の前にお互いのご両親が実際に数回会い、親睦を深めます。その上で両家のご両親がお互いのお子さんを気に入った段階でお子さんに紹介する、という手順を取ります。

お見合い確かに「親が代理でお見合いをする」というと大げさに聞こえますが、お子さんの目線から見たら、「親の新しい友人がお子さんを紹介してきた」という感覚になります。

親御さんの代理のお見合いの際は大抵一人の方のみの紹介ではなく、お見合いを通してお子さんに見合うと感じた複数の異性を紹介されます。お子さんは紹介された方を必ず選ぶ必要がある、というわけでもありません。その点が一人の人が一人の異性を紹介することが多い普通のお見合いとは少し違う所になるでしょう。

また、親御さんの方でも「条件が合致した方の親御さんと必ずしも親交を深めなければならない」というわけでもありません。条件に合った方でも、子どもが気に入らないだろうと感じたり、逆にお相手やそのご両親に何か信頼できないものを感じた場合は無理にお話を進めず、断っても全く問題はありません。勿論、それはお相手も同様です。


お見合いの方が合う方

「お見合い結婚」というと、今までの歴史的な背景もあって、家の都合が優先される結婚とか、政略結婚という、どちらかというとマイナスなイメージが優先してしまうところがあります。そのため、現代では恋愛から結婚に至ることが理想とされるところがあります。

結婚相手ところが男女関係なく、恋愛から始まるよりも、結婚相談所やお見合いのような形式から結婚相手を選んだ方が向いている方というのは、現代でも少なからずいらっしゃいます。ご本人がシャイで、異性との関係が結びにくい方の場合や、そもそも恋愛にあまり興味を持てない方が当てはまります。

また、ご自身やご家族に事情があり、その条件を満たしてくれる方と結婚したいという場合も向いています。恋愛から結婚を考えるよりも、条件を満たす異性を紹介される方が、結婚するために使う労力や時間の無駄を抑えられる場合があります。結婚の目的の一つに「子どもを産み、育てる」ことがあります。男性はともかく、女性の場合は身体の構造上、出産できる期間は限られてしまいます。その時間を有効に使うために、結婚相談所やお見合いを活用する女性も多いです

結婚相談所でも現代のお見合いでも、ご自分が合わないと感じたお相手を断る権利があります。勧められた方と無理に結婚する必要はありません。つづいて親のお見合いの段取りについて紹介します。


親が結婚相談所を利用する

「結婚したいが出会いがない」という声はよく耳にします。仕事が忙しい方の場合や同性だけが集まる職場の場合には、そもそも出会うチャンスが限定されてしまうという現実があります。以前はお世話好きな職場の上司や親戚がお見合いを持ち込んで結婚まで進む、ということも多かったのですが、個人情報の管理に厳しく、また個人の意思を尊重することが優先される昨今は、お見合いそのものが少なくなっています。

結婚相談所そんな中、婚活において注目されてきているのが結婚相談所です。お客様が望む条件を満たすお相手を紹介し、その中でお互いに興味を示すなら交際に発展させていく役割があります。お客様に対して、交際を発展させるためのアドバイスも重要な仕事の一環となっています。

結婚相談所への入会時には自分自身の情報を開示することになりますが、それはどのお客様も同様であるため、お互いの素性がはっきりしています。このことは、結婚を考える方には安心してお相手を探せるという点では大きなメリットとなっています

その結婚相談所で最近増えているのが、ご本人同士の前に、親御さん同士が顔を代理でお見合いをし、お眼鏡に適った方をお子さんに紹介するという方式です。当然「親が子どもの結婚まで口を出すのか」という声もありますが、意外にもお子さんからも好評な婚活方法となっています。

親同士のお見合いから始まる婚活にはどのようなメリットがあるのでしょうか。その背景と内容を詳しく見ていきましょう。